Loading...

Loading...

 » BEDWIN 16S/S COLLECTION “LESS THAN ZERO”

DIALOGUE

BEDWIN 16S/S COLLECTION “LESS THAN ZERO”

2016/01/23

本日1月23日(土)よりBEDWIN 16S/S COLLECTION “LESS THAN ZERO”がスタート致しました。

LAスタイルというと何を浮かべるか?
緩いプレッピーで街をうろつくか、通りを今も占領して歩くバギーなチョロ達、ビーチではサーファーがサンダルで歩き、ラブレアをブランドで固めたアジアのツーリストが群れる。
少しワイド目なボキシーなシルエットのシャツに、膝丈近くのショーツ。大振りなサングラスで表情を隠し、車を流す。
誰もが能天気なスタイルを思い浮かべたウェストコーストの明るいイメージを退廃的なものへと変えたのが、ブレット・イーストン・エリスが書いた小説「レス・ザン・ゼロ」だった。
昼間のサンセットを、夜のダウンタウンを徘徊する地元アンジェリーノのキッズ達が着るのが、元は鮮やかだった色が陽の日差しで、どこか褪せた仕立ての良いチノやデニム、すり減ってきたオックスフォード。
MTV世代のバイブルと呼ばれた本の登場人物そのままに、どこか大振りでクリーンなカルフォルニアスタイルに影を持たせた、そんな服を今季は身にまとう。

ビーチに似合う服でありながら、そのまま夜の遊び場でも着れる服。
それは普段の着慣れたカルフォルニアのカレッジウェアや、スポーツウェアが色褪せ、微妙に捻じれたもの。
昔に“Everything is Less Than Zero”と歌ったコステロと同じように、シンプルなものなら何でも同じ、何も大して変わらないという今、何が違いを生むのか、0以上を表現する。

CATEGORIES